スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ホストクラブ★5
初回料金制限時間があと15分ほどで終了してしまう頃、あたしの友達は相変わらず新人ホスト君に抱きついたまま離すことなく独り占めしていた。
飲み放題の焼酎を飲みながら・・・。
あたしは、『No.1』や他のホスト君たちと楽しくしゃべりながら延長をどうするか考えていた。
隣の席には、3人組のいまどきの女の子たちがいたんだけど、そろいもそろって、なぜかソファーに座らず、床にしゃがみこんでいたので不思議に思いよく見てみたら・・・

ランキングに参加中 
とりあえず両方「ブヒッ」とよろしく

なんと、彼女たちは『泣いていた
なにごと
興味津々のあたしは、全ての神経を耳に集中させ彼女たちの会話を聞いてみると・・・・。
どうやらお目当てのホスト君が席に来てくれないらしい。
一応ヘルプのホスト君が付いているんだけど、彼の存在を全く無視して、彼女たちはなにやら床にしゃがみこみ泣いていた。
可哀想なのはヘルプのホスト君。
飲み物も与えてもらえず、会話をすることもなく座っているしかないのだ。
でも大丈夫あと数分で君の仕事をあたしの友達が作ってくれるから
手持ち無沙汰じゃなくなるからね
あたしの友達はホスト遊びを卒業してから、あたしを置いてさっさと結婚してしまっていたんだけど、今日は結婚後初めての
『夜遊び』
だった。
独身の頃は、ドンペリやピンドンも惜しみなくおろし、支払いが数十万になることもよくあった。
ゲームに負けたら「イッキ」の時も、アルコールに弱いあたしの分まで飲んでくれるし、イベントで従業員対抗イッキ飲みレースがあったときも、客なのにいつも参加させられホスト君たちよりもいい飲みっぷりを披露していた。
そんな尊敬すべき友達が、とうとうやってくれた。
普通初回の客なんて、なかなかホスト君には覚えてもらえない。
何回も通って、やっと顔を覚えてもらえるくらいで顔と名前が一致するまでには結構時間がかかるものだ。
そしてもちろんお金もかかる。
しかも、ここのホストクラブはテレビに散々出ているせいで、初回の客がわんさかいてるので、よっぽどのインパクトが無い限り一回目で覚えてもらえることはまず無い。
初回でいきなりルイ13世
これなら一応覚えてもらえる。
だけどあたしの友達がやってくれたことは・・・・
『ゲロ』
だった。
昔遊んでいた頃はドンペリのボトルイッキをしても全然吐いたこともないのに、何でよりによってここで吐くのさぁ~
しかも、自分が気に入って抱きしめていたホスト君の下半身めがけて勢いよくガッツリやってくれた。
1秒前まで全くそんなそぶりも無かったのに。
あたしもNo.1もいきなりのことでボーゼンとしている中、あたしの友達はゲロりながらぶっ倒れた。
勢いよく出てきたのは、春雨の束だった。
ホスト君が素手で春雨をつかみ、テーブルにのせ、うつ伏せになってぶっ倒れた友達の顔をあげてみたら・・・・
髪の毛に春雨がくっついてちょっとした飾りのようになっていた。
全く消化していないゲロだったせいか臭いもなく、綺麗な春雨がキラキラ光っていた。
思わず笑ってしまった
ごめんね友達。
そして隣の席についていた暇をもてあましたホスト君も手伝ってくれて、ソファーに横にさせ、あたしたちはゲロの後始末をした。
周りの席の人たちに注目されながら・・・。
穴があったら入りたかった。
どうせ注目されるなら思い切ってルイをおろしてみたかった。
こんなことをしている間に、とっくに初回制限時間が過ぎていたのだが、本当なら延長料金が発生するのに、
「もう少し横にさせておいてあげよう」
と、言ってくれ、延長料金を払うことなく1時間ほどいさせてくれた。
友達が死んでしまってからは、お金も発生しないのに相変わらずホスト君たちが付いてくれて、小さくなっているあたしを励まし続けてくれた。
なんていいお店
なんて人のいいホスト君たちなんだろう
でも、優しくされればされるほど、申し訳ない気持ちで一杯だった。
正直帰りたかった。でも
「帰りたいのに、帰れない。」
だって友達は死んでいるのだ。
しかし、満席なのにこれ以上寝かせてもらうのも気が引けてきて、思い切って帰ることにした。
記憶もなく死んでいる友達を連れて・・・
全く起きない友達を、何とか運んでもらうことにした。
店の前までタクシーを呼んでもらい、友達の指名した新人ホスト君とあたしのNo.1ともう1人のホスト君の3人がかりで運んでくれた。
全く記憶がないので肩を支えながらなんてもんじゃなく、足係りと胴体係りがなんとか運んでいる状態。
ホスト君たちもアルコールが入っているのでちょっとふらふらしていた。
可哀想に・・・。
席から店のドアまではまるで花道のごとく、お客さんや他のホストに注目されて、またまたあたしは穴があったら入りたかった。
だけど、あたしのNo.1がこの時言ったのが
「初めて来てこれだけインパクトあったらある意味覚えやすいな」
だった。
あたしの友達は、初回でルイをおろしたのと同じくらいのインパクトを与えてくれたのだ。
ありがとう友達
ありがとう春雨
そして、お店の閉店後家についてから、あたしのNo.1はメールをくれた。
彼は、テレビに出てから1日に1000件くらいメールが来るらしいので、一斉送信でみんなに同じメールを送っているのかと思っていたのに、ゲロのことも、あたしと2人でこっそりしゃべったこともメールに書いていた
本物のNo.1からのメール
大切に保存しておくわね
もちろん友達には新人ホスト君からメールが来ていた。
驚いたのは、ゲロった日から毎日のようにメールがくるらしい。
あーあ、あたしも新人君にすればよかった


スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:独身・フリー

【 2006/05/09 01:14 】

| ホストクラブ | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<ホストクラブ★6 | ホーム | ホストクラブ★4>>
コメント
--- ---

 凄いお友達をお持ちですねぇ・・・(汗)
 お疲れ様でした~★ でもNo.1ホストさんって、流石やり手ですねぇ。。。
 面白かったです♪ 春雨・・・(笑) また楽しみにしてます♪
foolgarl * URL [編集] 【 2006/05/09 06:28 】
--- 声を出して ---

笑わせていただきましたぁ~(お友達さん、ごめんなさい)♪
お金をかけずにインパクトを与える、荒業ですね!!って…その後お友達は大丈夫でしたか?

さすが、ホストはマメなんですね☆
yuppe * URL [編集] 【 2006/05/09 19:22 】
--- ---

foolgarlさんコメントありがとうございます。
やっぱりホスクラは楽しいですね~No.1は一見の価値ありですv-353

yuppeさんありがとうございます。
友達はタクシーから引き摺り下ろし、仕方ないので道端で30分ほど放置しました。
近所の人に救急車を呼ばれて大変でしたよ~。酒は飲んでも飲まれるな!ですねぇ。
GOGOアネゴ * URL [編集] 【 2006/05/09 19:42 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gogoanego.blog47.fc2.com/tb.php/25-8fe817e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。